ハーブティーを飲む習慣

最近コンビニにでは、若い人は炭酸飲料やコーヒーなどを選ぶ人は少なくなっていて、お茶を買うのだそうです。
確かにお茶を並べる棚の種類も非常に多くなり、おいしいと思える香りや、素材の味が支持されているのだと思います。

 

私もお茶の味の違いを楽しむようになってから、いろいろなメーカーのお茶を日替わりで買ったりします。
ここでもう少しステップアップして、ハーブティーを飲む習慣にしてはどうか?
ということを友人に言われたので、どのようなものか聞いたのです。

 

ハーブティーを作るときは専用の透明の容器にハーブを入れ、熱湯を注ぎ、しばらく待つ。
そして数分後にハーブのエキスが抽出された所を見てお茶をきれいに混ぜながらカップに注ぐという行程です。

 

やってる事は通常の玄米茶や、ハト麦茶などと全く同じになります。ただ、和風の急須などを使うよりも、
ハーブティー専用の道具を揃えるとより雰囲気が高まり美味しく感じることができるとの事。

 

私の場合は見た目よりもまずは味から入るので、とにかく緑茶の代わりにハーブを使って
濾して飲むという事をやってみようと思うのです。
慣れてくれば、自分の好きなハーブをブレンドして自分だけの香りを楽しむことができるそうです。

 

ハーブティーの効能は、免疫力の向上やリラックス効果など、それほど薬効面で優れているわけではないですが、
気分転換のためにお茶を飲むので、リラックス効果だけで充分だと思います。
まずは手ごろなハーブから買ってみようかと思っています。