そろそろカブがいい時期になります

春になると、スーパーカブのタイヤをスパイクからノーマルタイヤに替えますが、そうなるとカブにとってのいい時期のスタート。
タイヤは前後ともカブ好きなら誰もが知っているミシュランのM35。
カブを新車で買ってから5年83000キロあまり乗ってきて、その間純正メーカーの井上とダンロップとブリジストンを
試してきましたが、ミシュランが一番いいんです。グリップ感と直線時の安定感が抜群。乗り心地もいい。
前輪も幅はは2.25のままで後輪は2.5とワンサイズ太めにして。
カブとはエンジンに名前だそうですが、今となってはカブと言ったらあの泥よけカバーだと思います。
あのデッカイ足をカバーするあれ。私はあのカバーを外してます。
外すとあのデカさ通りのズッシリ重い重石がとれるので、ストップからのスタート時とスピードの乗りが違うんです。
カブに乗り続けている人なら劇的な違いがわかるはずです。
これで、カブでもツーリングと言っていいのか散歩に出掛けると乗ってて楽しくなります。軽くて。
そのうちマフラーも替えようかと思ってはいるものの、
カブの驚異的な燃費は私のでも実燃費リッター70〜80キロいくのは、
マフラーがポイントだそうなので躊躇しているところです。
50ccなのでパワーアップしないとふだん乗ってても怖いんですよね。
車にあおられまくって、ミラーで車を見つけたと思うともうすぐに後ろに付かれる。
もちろん法廷速度を守った上でのことです。

カブはカスタムパーツやオプションパーツが豊富なので、
カブをいじって遊ぼうと思えばいくらでも遊べることが一番の魅力かもしれません。